スペシャルコラム

バックナンバー

冷房病について

ボディトラスト 松島院長

梅雨もあけ、本格的な暑さがやってきました。

こんな時冷房の効いた室内は快適ですよね。
ですが、身体を冷やしすぎてしまうと頭痛や肩こり、倦怠感などを引き起こします。
これがよく問題になる「冷房病」といわれるものです。

「冷房病」を予防して元気に夏を乗り切りましょう!

冷房病の症状と原因

〜思い当たりませんか?冷房病の「症状」〜

●身体の冷え●頭痛●肩こり●腰痛●手足のむくみ●だるさ●胃腸障害●不眠 など

ずっと長時間クーラーのかかった部屋にいたり、涼しい室内と暑い屋外とを行き来していると、
このような「冷房病」の症状にかかりやすくなります。

〜どうしてなるの?冷房病〜

冷房病の 「原因」は

@ エアコンによる身体の冷え過ぎ
A 室内と外気温との温度変化に対応できない


この2つです。

人間には、本来、環境適応能力が備わっています。体温調節をしているのは自律神経という、呼吸や血圧などの生命維持を自動的にしてくれる働きを持つ神経です。ところが、クーラーという人工的な環境の変化によって、その体温調整能力に変調が起こり、この自律神経がうまく働かなくなることによって「冷房病」といわれる症状が起こるのです。

では、冷房病はどのような対策をとれば、予防できるのかご紹介します。

「冷房病」の対策

●エアコンの設定温度を外気温−5℃以内にする

「冷房病」の予防はまずできるだけ屋外と屋内の気温差をなくすことです。
屋外と屋内の気温の差が5度以内、設定温度は24度以下にならないように設定しましょう。

●冷風から身体を守るためのスカーフや膝掛けなどを用意しておく

スカーフやひざ掛け、カーディガン等を使って、クーラーのかかっているところに入れば羽織るようにしましょう。
できるだけ気温差をなくし、一定に保つことが大事です。

特に冷気は足下へ流れる傾向があるので、靴下を履いたり、ひざ掛けを使うときは、足に巻き付けた方がより効果的ですよ。

●できるだけ身体を動かす

冷えていなくても、じっと座っていれば血液の循環は悪くなってしまいます。
階段を使ったり、歩いたり、カラダを動かすように心がけましょう!

●入浴は浴槽につかる

カラダを内側から温めるためには、お風呂も重要です。
夏場は暑くてついつい、シャワーですませがちですが、
ぬるめのお湯で30分くらいのちょっと長めの半身浴をすると、身体の内側から温めることができます。

●身体を冷やす飲食物(冷たい飲み物、アイスクリーム、ナス科の野菜など)を減らし、
 身体を温める物(ショウガ、ネギ、カボチャ、ニンジンなど)を積極的に摂る

暑いときは、冷たい飲み物や食べ物に手がのびてしまいがちです。
身体を温める物(ショウガ、ネギ、カボチャ、ニンジンなど)を積極的に摂り、
温かい飲み物を飲んで身体の内側から温めてあげるようにしましょう。
身体の外側はクーラーで冷えているのに、内側からも冷やしてしまえば、当然「冷房病」にかかりやすくなります。

●起床と就寝の時間を一定にする

夏は楽しいイベントがいっぱい。つい夜ふかしをしたりしがちですが、不規則な生活は、自律神経に大きな負担をかけます。
起床・就寝の時間を一定にして、できるだけ規則正しい生活を送るようにすることが大切です。

以上を注意して「冷房病」を予防しましょう!

最後に

「冷房病」に気をつけていても夏の身体は想像以上にお疲れかもしれません。

ボディトラストでは、皆様のお身体の状態に合わせてボディケア・オイルマッサージ・鍼灸・整体など様々な技術で毎日を元気に過ごすお手伝いをしています。

日頃からの身体のケアでもっと健康的な夏を過ごしませんか?
スタッフ一同、心よりお待ちしております。

ボディトラスト
店舗名 ボディトラスト
住所 愛知県名古屋市中区栄4-16-27 富士サカエビル3F
TEL 052-251-3901
営業時間 10:00〜翌3:00
お問合せ時間 10:00〜翌2:00
定休日 日曜日

PAGE TOP